ジャンボ夫人

「キン、きん、金曜まで…」と、ジャンボ夫人が歌いだした
ああ、夏の風物詩サマーヂャンボも、もう終わりかな
などと去りゆく短い夏を想いつつ、ふとアンニュイな
物思いに耽ったりして…

ぢょーだんぢゃねえ! ヂゴクの夏はこれから本場だ!
あー、くそったれ、腹が立つ! さっさと終わっちまえ夏!

▲などと、夏が大キライな私が絶叫するのはいつものこととして…やはり、夏最初の風物詩つったら、隅田川花火大会とサマーヂャンボかな。ワタシは3千円以上あたった試しが一度もないけどな▲それはともかく、歴代の宝くじCMのキャラも多士済々だったけど(過去形)やっぱし、今回の米倉涼子&原田泰造コンビは久々の大当たり! だと勝手に思ってまして…▲愚直に「主人愛!」忠誠をつくす車夫・泰造と、気まぐれ姫様のジャンボ夫人コンビ。「使用人いじり」の掛け合いと、夫人の「アハハハハハ!」呵々大笑はベタだけど黄金パターン。文句なしに笑える…んだけどこの小芝居、一種「面白うて、やがて悲しき」余韻を残してくれるところもイイんだよね。

▲この夫人、完全天然キャラでしょ。宝くじ売り場まで訪ねては、扇子を振り振り「ごきげんよう」などとご挨拶なさるあたりで、もう十分味が出てます▲泰造はもちろん、それを了解したうえで、夫人の気まぐれ小芝居に付き合ってるワケだ。でももし、たとえば交通事故か何かで泰造が急死したら、ジャンボ夫人はどうするんだろう?「泰造、どこへ行った? さっさと車を曳かないか!」などと罵りつつ、空しく一人で浜辺を彷徨ったりするのだろうかな…? おそらく、こんな天然姫に忠義を尽くしてくれる従者、二度と現れないだろうからなー、などと考えると、ふと泣きそうになるんですよ▲なんか『ワンピ』における「ゴーストプリンセス」ペローナ様とクマシーの関係と瓜二つだ…ワンピなんて知らねえよ! な方はスイマセン。

★↓以下、ワタシ的歴代「宝くじキャラ」コメント★
▲一番「無難」だったのは西田敏行…こりゃ当たり前すぎるか。国民的俳優だし、どっからも文句こない感ダントツだったからね。渥美清存命だったら、この枠は当確だったと思うけど▲関西偏重ながら、意外とイケてたのは宮川大助・花子。旦那がアテにならないから、宝くじで大儲け! って生活感バリバリ加減が何とも宝くじ向きだったのよ▲トップバッターにしてハマリ役だったのは所ジョージ。たとえ当たらなくたって、そもそもこの人が宣伝してたんだから仕方ないよな、的なアキラメも含め、絶妙な立ち位置でした。

▲もちろん、最悪だったのは「キムタク」!▲正直言ってこの人、何をやらせてもどんな役に扮しても、そして何を宣伝させても「キムタク味」にしかならない。キムタクの宣伝にしかならないんだ! 宝くじ向きキャラではなかった…以前に、キャスティングした代理店のセンスをマジ疑うよ▲そもそも、このCM観て「宝くじ、買いたくなった!」人が出現したのでしょうかね?

いかん! いつの間にか、また例の
「ジャニタレ」へのルサンチマン
噴出! の巻になってしまったわ

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

麻生優樹 Profile

《経 歴》
秋田県由利郡仁賀保町つーニッポンの片田舎に生まれる。
学校卒業後、いろんな職業を経験して、最近このHPを作りましたの…。
すいません、いい加減に書いてるんじゃないんですけど、これ以上プロフィールの書きようがないんですよ。実在しないんだからこの人。
もちろん戸籍謄本を調べまくっても出てこないよ、この名前。
おしまい!