些事暴論

庵主・麻生優樹の気分次第で書き散らしております駄文! 気が向いたら更新してます。

ピースとセブンスター

桑田さんが、大晦日の紅白に、飛び入り参加して(←違うか)
歌った歌が、なんか問題になったって?
反政府つか、政権批判の歌詞だ、と言われて
右側の人々から大ブーイング?

▲ま、思想的にどーのこーの、詞の解釈がどーだこーだ、ってのは別にして、ワタシ的にも「あれ」を聞いていて、正直相当に「気味が悪かった」のは事実ですね、残念だけど▲なんつーのか、背中からベッチャリ、イヤなものをくっつけられた気分。

『いろんな事情があるけどさ 知ろうよ お互いのイイところ!』
『希望の苗を植えて行こうよ』
『地上に愛を育てようよ』
希望の苗は「対話」の中で生まれる。
お互いのイイところを「知る」と、そこに「愛」(理解)が育つ。
『愛することを躊躇(ためら)わないで』

▲言葉を使って生きる職業の人なら、使う言葉が「いま、いま現在! このご時世のこの瞬間に」どんな意味を持っているのか、あるいは持たされてしまったのか、すっごく敏感にならなきゃ嘘でしょう?▲そりゃもう、歌唄いさんだって全く同じ事情なはず!

▲なんでこんなご時世になったのか、その原因追求はともかく「愛し合おうよ!」といってニヤニヤ笑いながら近づいてくる「見ず知らずの他人」がいたら、まず最初に身構える!▲それから警告を発し、それでも聞かない場合には…ま、人にもよりますけどね、逃げ出すか、あるいは身近にあるモノを武器にして立ち向かうか、携帯でも持ってる場合…ま、余裕があれば警察に連絡するか▲とくに女性の場合、下手に抗うより、逃げたほうが安全だと思います。

▲つまり、そういうことなんです▲今日現在『愛を育てよう』とか『愛することを躊躇わないで』なんて赤の他人から言われたら、常識人にはその程度の反応しかできません。確実にそいつは電波系のヤバい相手だから。こりゃ老若男女を問わず▲だから、なんでそんな「身構えることが必要なご時世になったのか」って原因追求は別にして、っていってるぢゃないか! ワタシだって、そんな現代がいい時代だとは…思いません…かな? ま、世界中が愛に満ち溢れたような(日本全国総TDL状態?)世界よりは、少しはマシかな、くらいには思うけど。

▲オレは、近づいてくる仮装した危ない東洋人に警告をしたんだ! 「フリーズ!」と大声で叫び、銃を構えたんだ。アイツだって、銃を向けられてることくらい、分からないはずはないだろう? 「止まれ!」って警告までしたんだぞ。なのにアイツは、ニヤニヤ笑いを浮かべ、何やらワケの分からん言葉を呟きながら、ズンズン近づいてくるんだぜ! 仕方ないじゃないか!

▲もう10年以上も前ですかね? アメリカのどこぞへ留学中の日本人青年が、ハローウィンの仮装パーティの会場を間違えて、隣家の敷地に入って撃たれちまった(即死だったって)事件がありましたよね。愛を語り合おうよ…つて近寄ってくるクワタさんと、どこかシンクロするんですよ。このあたりの能天気さが。

それこそ、なんでジョン・レノン版「イマジン」があれほどの
名曲になったのか、少しは考え直してみてはどうかしら?
よーく聞くと、彼が歌う「絶対的世界平和」なんて能天気世界、
いまの(つまり当時の冷戦下の)自分たちにはマトモに想像することすら
できない、それは分かってるから、だからこそ無理やり想像してくれ!

つて叫んでる歌ではなかったのかな?

そりゃ当然で、想像すらできないことは、決して実現しないから
だからこそ、せめて今は「想い描きませんか」?って

▲そのあたりのバランスこそが、世界に一番必要なパースペクティブではないのかしら?▲現在だって、事情は同じだと思うよ▲この距離感をまるで理解できないと「崇高な平和の使者」も、単なる「アブないオヤヂ」に変わってしまうんだ…なんて言っても…無駄かな? やっぱ

キジも啼かずば、撃たれまいに

負けぢゃありません!

夏ボケで忘れてたけど、そーいや
「サマーヂャンボ」、とっくの昔に
抽選終わってたんだよな

▲って、いつの話だよ! 最低1カ月は経過してますね、確実に。そもそもワタシは買ったこと自体を忘れてました▲ちなみに、今年の夏は猛暑だったのかな…と思うと、全国的にはまるで違うんですな。西の方は、記録的な日照時間不足の上に豪雨でタイヘンな騒ぎになったそうだし。暑くてダレてたのは関東地方くらいなもんだ▲いや実際、ワタシの身内は広島在住で、家はまさに「あの」大災害現場から距離で数キロも離れてないポイントにあったから、シャレでは済まなかったんですよ。だれも洒落で済まそうなんて言ってないけど。

▲で本題だ。妙な夏のドサクサに紛れて、宝くじの抽選結果を見そびれてた。つーだけの話なら、webでも何でも調べて確認すりゃいいだけの話。ささ急いで調べよう、はい以上おしまい▲に、ならない所が哀しいワタシの性! だって調べたら、やだ単に外れてるのが分かっちゃうだけでしょ? って、身も蓋もないことに思い至ったんですよ。

▲よく言われることだけど…本当に言われてるかどうか知らないけど…宝くじって、買った瞬間から抽選結果が出る直前までが、一番シアワセな時間なんだよね。だって少なくとも結果が出る瞬間までン億円当たる! って夢の可能性が残ってるんだもん▲ってことはは、その結果を知るまで「夢は続いてるわけ」なのよ! 考えようによってはコレって、宝くじの夢を有効活用してる、ってことにならない? なるワケねーか。

当選金の換金期限ギリギリまで、抽選結果を
チェックしなけりゃ、コスパ最大限に活用だ!
……
ただし期限切れまで放置したらダメよ。
億に一つ程度、当選金を流しちまう可能性があるからね

幸せ(の可能性)は、この際、引っ張るだけ引っ張ろう!
という戦略をキミは「情けねー」「アホ」「イタい」と
本当にバカにできるのか!
胸に手を当てて考えてみよう…でもやっぱ、
常識的にはバカそのものだよな

 

朝昼

ジジ問題つーのを扱うのはすっごく危険で
…些事暴論なんてタイトル、つけてるくせにね…
できる限り避ける癖がつきましたけど
考えてみたら、マトモに扱うのは、もう4年ぶりかな

▲以前、この手のネタ扱ったのは、その時期に歴史に名を残すトンデモ首相が出現して(しかも立て続けに二名も!)好き放題ムチャクチャやってくれたもんでね、ついガマン効かなくなって怒り狂ってワタシも書きまくったんだけど、それ以来です▲マジで、こーいうのは無意味なオナニーなんだよね、分かってたんだけど▲スゲーと思うのは、この約二名の元首相、いまだに健在でトンデモ発言や行動を繰り返してることでしょうか。ま、幸い誰も相手にしてないようだけど。

▲「アサヒる」って五段活用動詞が生まれたのは第一次安倍内閣の頃で、よーするに当時の弱り切ったアベ首相をフクロにしようとネタ仕込んだら、これが裏目に出て逆にアサヒ新聞がフクロにされちゃった、というのが誕生の経緯ですね▲「もー、アベしちゃおうかな」=「もう仕事をブン投げちゃおうかな」なんて言葉が巷では大流行です…てな「ネタ盛りまくり」を新聞紙面で展開したら「デタラメぬかすな!」つって、他のメディアから(特に新潮文春系)集中砲火浴びたんだよね、あの時は確か。

アサヒる
(意味)捏造すること、しつこく粘着質に絡むこと

▲言葉は生き物だ! と最初に言い出したのはどなたでしょうか…ま、誰でもいいけどね…ともあれ、言葉の意味は時々刻々、変化するもののようだけど、また最近になって「アサヒる」という動詞の意味も、変わりつつあるようですね▲もちろん、例の「ダブル吉田」騒動(って勝手に名付けちゃった)が引き金なんだけど、フクシマ原発に従軍慰安婦、なんて余りにもホットな誤報ネタが立て続けに来るんだもんな▲そーれソレソレお祭りだーい! 泉下の美空ひばりお嬢も、号泣してるぞきっと。

▲で、新たに加わった(or加わるだろう)意味つーと、何になるんだろう? 確かに今回も「ネタの捏造」が問題にされてるけど、こっちの意味は既にあるからパス▲あえて加えるなら「見苦しくジタバタあがくこと」とか「情けない言い訳を繰り返すこと」「居直って余計に恥を晒すこと」てなところに落ち着くのかな。

▲ワタシ的には、この「アサヒる」ってのは「自分のことは棚に上げて正義感ぶること、安全な場所に隠れて他者(特に水に落ちた犬など)を好き放題いたぶること」って解釈が正しいんぢゃないかなー、って常々思ってたのよ▲けど、よく考えればそれってマスコミ全般に共通する特徴だから、アサヒさんだけを特別に責め立てるのもおかしいよね。ま、出る杭はナントカの類で、特にこの会社だけやたらと「社会のボクタク」とか自称したりさ、エリート意識ブンブン大回転で目立ちまくってたから、その分だけ一度恥を晒すと、もー収拾つかなくなるまで堕ちるってのが現状なんでしょうか?

以て他山の石
「アサヒる」の最終解釈が
「覆水盆に返らず」と同義になってしまわないことを
心からお祈りしてます…半分ウソだけど

やっぱ「憎まれっ子」は世にはばかってもらわないと
カッコつかないんだよ
「特亜の走狗」つったって、キレイに消滅してしまうと、
それはソレで、何かと困るでしょ? 

氷垢離

「水垢離」と書いて「ミズゴリ」と読みます
わが国古来から続く、願掛けの儀式なんだけど
最近は、これに氷を入れてかぶるのが流行りとか
んで、そんな流行りは「こーりごり」…と…
ああ、また今回もヒネりすぎてネタ不発だ

▲たぶん、あっという間に廃れて、一年もすれば誰も覚えてないネタになるんでしょうが…だから本来、こーいうバカネタを記録することも無意味なんだけど…ま、Facebookに限らず、SNSが世界を強制的に繋ぎまくると、こーいう呆れ果てた現象も起きるということを覚えておくのも無意味ではないかな▲いや、おそらく今後もこの手の「あとになって冷静に考えたら、バカにしか思えないけどあの当時はみんながやってるから、ノリで付き合ったんだよ」的な儀式、次々と現れるような気がするな。

▲ALSなんて難病、聞いたこともなかったけど、かのホーキング博士も罹患しておられる病気なんだよ、と聞いて初めて納得しました▲詳細ははしょるけど(どーせいま現在、誰でも知ってるし…たぶん一年たったら、みんな何のことか分からなくなるけど)寄付するか、バケツ一杯の氷水を被るか…どっちか選べというチェーンメイルをFacebookで流されて、ハリウッドのセレブをはじめ、なんとアメちゃんの大統領までもノリで参加されたとか。

▲さすがに、発祥国(アメで始まったかどうか、裏は取ってないけど)でも、このバカ騒ぎに呆れて自粛ムードが漂ってるそうですけどね。ま、それでもあと一週間程度は「忘れ去られてしまった」モードには入らないでしょ▲マジ冷静に考えたら、これほど難病で苦しんでおられる方々を愚弄した流行もないもんだ。誰だって、少し考えれば分かるはずなのに「氷水で頭を冷やしたはずの」当人たちが全く理解しないつーのも、笑えるといえば笑えますね。

何度も書いた話だけど、こーいう流行りが起きるから
ワタシはSNSが大嫌いなんだ!
本当、ますます蛇蝎のごとくキライになったよ

▲それにしても「水垢離」という神聖な儀式を…少なくともわが国ではそうだったんだよ…こーいう軽薄バカ騒ぎのネタに貶めてしまうパワーってのもスゴいよ▲次はAIDS撲滅のために「ホット・バケツ・チャレンジ」とかいって、熱湯を頭からかぶる儀式がチェーンメイルで大流行しないかな。こうなるとまさしく本物の「不幸の手紙」。ノリでバケツを被ったセレブたちは、次々と全身火傷で大騒ぎ(笑)。

面白いネタだと一瞬思ったけど、
これって大昔に「TVジョッキー」とかで、
ビートたけし御大が司会してた
「熱湯コマーシャル」コーナーと大差ないや

カベドン

妖怪もしくは怪獣、古生代の恐竜の名前
…ではありません!

▲女子高生ワードって、やっぱ注目度高いよね…ってのは昔から変わってないけど、正直言ってここまで世代分化が進んでしまうと、もーいい加減、ついていけなくなるとゆーより「どーでもよくなる」傾向が見え始めて来たかも▲少なくとも、最近は中年オヤヂが真似して使うレベルをとっくに超越して、意味不明ワード化してるでしょ。だいたい、真似して使うシチュエーションがないもの。ちょっと哀しいねチョベリバ!(笑)

▲んで表題の「カベドン(正確には『壁ドン』)」だ。この単語が、ぢょし高生注目ワードランキングのトップだってんだもんな。ちなみに第2位は「おそろコーデ」だって。ンなこと常識ぢゃん! って鼻で笑ってくれる人はスゴイ! 私は両方ともイミフだったので、わざわざ検索して調べちまったよ▲でも、知ってみりゃ何のことはない。両方とも、昔からお馴染みの言葉を短縮しただけではないですか。

▲そもそも、けっこう貧しい環境から生まれてるんだよね「壁ドン」って言葉自体は▲なにせ、流行らせた大元が件の「レオパレス21」だってところが悲しい。つまり、この敷金礼金ナシ(だけどその分、家賃が割高)アパートにお住まいの方が、隣人の生活音があまりにも筒抜けなもんだから…よーするに、壁が薄くて安普請なんですかね、レオパレスって?…思わず「うるせーぞ!」って壁を蹴飛ばして威嚇するから「カベドン」。

▲もちろん、そんな殺伐ワードがぢょし高生の注目ワードになるはずもない。このあとの経緯がさっぱり分からないんだけど、その「カベドン」威嚇用語、なぜかイケメン男子が壁を背にした女子に向かってコクる…あるいは迫るシチュエーションを指す言葉に変化してしまったんですね▲「おい、オレと付き合えよ」ってな具合で【壁をドン!】。右腕を壁に手を当て、ナナメ上から目線でちょっとばかし微笑を浮かべつつ、目線はお相手のぢょしから、決して逸らさない。う?ん、女子版恋愛シミュレーション(スマホゲームなんかによくあるよね、最近はあんまし流行ってないみたいだけど)あたりでは、かなり萌えるネタなんでしょうか?

けどこれって、客観的に考えたら一種のセクハラ、いや、
立派な「恐喝行為」だと思うんだけど、もちろん
ぢょし的には、かなりイケるシチュエーション
らしいんですね…ま、当然といえば当然か…
「セクハラ」なんてものは、相手がキモいオヤヂとか
ブサメンの場合にだけ、成立する概念なんだから

▲それにしても「うっぜーんだよ、このオヤヂはよー!」なんて平気で口にできるのが今日びのぢょし高生ってイメージが強いんだけど、一方でまさかこんな被虐的…もとい「受け身の」シチュエーションに魅かれるなんて、意外でしたね▲ちょっと安心した、つか往年の「をとめ心」は、未だ健在なのかな、なんて考え直させられましたとさ!

ちなみに第2位の「おそろコーデ」の方は、それより身近かも。
最近、私が神奈川(横須賀方面)で目撃したパターンは、
そっくり親子(母娘)連れの、お揃いコーディネートでした。
いや、相手を知ってたから母娘だ、って認識できたけど
これ、知らない人が見たら、どう見ても姉妹だろうな
下手すると、どっちの年齢が上か、間違えたりして…
(↑言いすぎでした、ちょっと話を盛ってみた)

ううむ、アンチエイジングに賭ける女の執念、畏るべし!
…って、これは「おそろコーデ」と、あんまし関係ないか

2015年1月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

麻生優樹 Profile

《経 歴》
秋田県由利郡仁賀保町つーニッポンの片田舎に生まれる。
学校卒業後、いろんな職業を経験して、最近このHPを作りましたの…。
すいません、いい加減に書いてるんじゃないんですけど、これ以上プロフィールの書きようがないんですよ。実在しないんだからこの人。
もちろん戸籍謄本を調べまくっても出てこないよ、この名前。
おしまい!